アロハアウトレット オフィシャルブログ

ハワイから直送!アロハアウトレット オフィシャルブログ

2020年 12月 4日? by Masaki

アロハシャツ用語まとめパート1

2020年 12月 4日 by Masaki

アロハー!

もう12月ですね!

 

一年過ぎるのがあっという間に感じるのは皆さん一緒だと思いますが、今年は例のパンデミックでいつにもましてアッと言う間だった気がします。

 

来年こそは明るい話題であふれる事を願っております。

 

そこで!今から来年の楽しいイベントに向けてアロハな情報をインプットしましょう!

 

本日は私が一番好きなトピックであるアロハシャツについてお話しします。

 

来年こそ外でアロハシャツを楽しみたい!ちょっと通っぽいアロハシャツを着こなしたい!

そんな方の為に本ブログで今までカバーしてきたアロハシャツの情報をおさらいしながら人まとめにご紹介!

 

 

今回カバーするのは以下のトピックです。

1.裏地アロハ

2.ヴィンテージインスパイア・アロハ

・ボーダー

・ホリゾンタル

・バックパネル

3.マッチングポケット

4.開襟・ボタンダウン

 

では早速スタート!

 

  1. 裏地アロハ

やはりアロハシャツを語る上で裏地は欠かせません。

生地の裏側をあえて表に使うシャツ文化は世界中どこを見てもアロハシャツだけ、のはず!

結婚式とか観光でいわゆるザ・アロハシャツを着た事がある人は多いと思いますが、そういったアロハシャツはどうしても非日常イメージが先行して日常ファッションにアロハシャツを取り入れるという感覚がうかばないかもしれません。そんな方に是非裏地アロハを試していただきたいです。

 

そもそも裏地アロハが生まれた背景 

裏地アロハと言えばレイン・スプーナー、レイン・スプーナーと言えば裏地と言えるくらい、レイン・スプーナーの裏地アロハシャツは浸透しています。

なので裏地アロハを始めたのは当然レイン・スプーナー。

 

Reyn Spoonerは1956年にReyn McCulloughとRuth Spoonerによって立ち上げられました。

元々はカリフォルニアでメンズアパレルショップを経営していたReynは、ハワイに来島した当初はアロハシャツのビビッドすぎる色合いにあまり良い印象を持っていませんでした。

所がある日地元の人がシャツを表裏に着ているのを見て「これだ~!」と裏地を表に使う裏地アロハシャツを思いつきます。

(ちなみに余談ですが、私がハワイの中高に通っていた時もTシャツを表裏で着ている人がたまにいました。多分そういった普通とは違う事をしたい精神はハワイ共通なんだと思います。)

 

裏地の程よい、どこか懐かしさも感じる独特のザラザラ感によりアロハシャツ特有の色合いに更に別の味が加わり裏地アロハシャツは大ヒットします。

今ではレイン・スプーナーだけでなく、裏地はアロハシャツ業界全然に広まっています。

 

個人的な意見ですが、裏地アロハシャツの良い所の一つが、「色落ちが目立ちにくい」です。

つまり毎日の着こなしにもピッタリ!

 

どうですか?裏地欲しくなってきませんか?笑 という事で軽く商品紹介。

 

Reyn Spooner ハワイボルケーノ国立公園

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/itemdetail.aspx?iid=42157&CatId=0

レイン・スプーナーはラハイナセーラーシリーズが代表的と言う人が多いと思いますが、個人的にはボルケーノシリーズが名作だと思うのでこちらを紹介。

去年までのデザインでは火山が噴火している荒々しいデザインが衝撃的でしたが、今年の最新作では火山が鎮火し、お花も咲いています。

平和を願う今日此頃にはピッタリのデザインですね。

素材に関しては別の記事で詳しくお話しますが、こちらはスプーナークロスという毎日の着回しにピッタリな上部でシワなしの最強素材です。

 

Two Palms 裏地アロハシャツ・ラブ シャック・ネイビー・コットン