アロハアウトレット オフィシャルブログ

ハワイから直送!アロハアウトレット オフィシャルブログ

2020年 5月 29日? by Masaki

ビンテージアロハ:バックパネル

2020年 5月 29日 by Masaki

アロハー!

 

日本でもアロハフライデーを流行らせたい企画第三弾!

 

初めての方の為に簡単におさらいすると、

 

ー金曜日にアロハシャツを着るアロハフライデーを日本でも流行らせたい!

ー曜日感覚を整える為にもアロハフライデーは有効。リモートワーク中も安心!

ーみんなでアロハシャツを着れば会議の雰囲気が良くなる。

 

と言った感じで、こんなに良いことがたくさんあるアロハフライデー、是非日本でも流行らせましょう!

 

前回はアロハシャツ全盛期の1930代から1950代に流行ったスタイル、ビンテージアロハからホリゾンタルを、その前はボーダースタイルをご紹介しました。

 

本日はビンテージアロハの中でも数が少ないバックパネルスタイルをご紹介したいと思います。



バックパネル

 

バックパネル・スタイルは1950年代後半に人気が出たアロハシャツスタイル。

前回ご紹介したホリゾンタルが前面に風景や景色を落とし込んだデザインであるのに対し、バックパネルはその名の通り、シャツの背中を一枚のキャンバスとして使用し、大きなデザインがプリントされているのが特徴です。

 

何処と無くスカジャンっぽいイメージがある漢らしさ溢れるデザインです。

 

バックパネルはその特徴からシャツの前面は比較的落ち着いたデザインの物が多いです。

ビデオ会議とかで着た場合は、「どのタイミングで背中を見せるか」というドキドキ感で集中できないかもしれませんが、成功した時は他のどのデザインよりも盛り上がるでしょう。

 

では数は少ないですが、バックパネルスタイルのアロハシャツをご紹介します。

 

Avanti ハワイアンメイデン・レッド・シルク

 

(こちらの商品は現在在庫切れとなっております)

やはりビンテージデザインを語る上でアヴァンティは欠かせませんね。

こちらのバックパネルはXSとなっておりますが、日本人の体型からするとSサイズ相当です。

目をひく鮮やかなレッドカラーとお姉さんのデザインがとにかくクールなバックパネルアロハです。個人的な意見ですが、バンドマン、特にヴォーカリストが着たらカッコいいのではないでしょうか?

 

ちなみにバックパネルのデザインに注目されがちですが、こちらのアロハは前面もポケットのデザインがかなりオシャレです。

 




ここからはBamboo Cayより4着続けてご紹介。

バンブーケイはアロハシャツにモダール素材を使用しているのが特徴。モダール素材はアロハシャツで定番のレーヨン素材の一種で、レーヨンの弱点を克服した素材と言われています。

モダールとポリエステルの混合のおかげで洗ってもほとんど縮まないのでお手入れも簡単です。

ちなみに近々レーヨン特集を公開予定なのでお楽しみに!

Bamboo Cay ティキング・ブラック・モダール・ポリエステル

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/itemdetail.aspx?iid=33125&CatId=0

こちらはティキ好きにはたまらないバックパネルデザイン。

「キング」と名付けられているだけあって、王様感があります。

 

ティキに馴染みのない方の為におさらいするとティキとは簡単にいうとこういう感じの方。(この方は金運の神様)



ハワイの神話では様々な神様がいるので、このアロハシャツに描かれている神様が何を司る神様なのか調べるのも楽しそうですね!

 

Bamboo Cay ハワイアンアイランド・ブラック・モダール・ポリエステル

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/itemdetail.aspx?iid=32624&CatId=0

ハワイ諸島のバックパネルデザインのアロハ。実はハワイに住んでいる人でも島の名前全部言えない時があるので、こう言ったハワイ諸島が描かれているデザインは何かと話題のきっかけになるので、自分から話題を振るのが苦手な方にオススメ。実は胸ポケットにもこだわっていて、このような刺繍が施されています。

 

 

Bamboo Cay ウッディーアイランド・ブラック・モダール・ポリエステル

(こちらの商品は現在在庫切れとなっております)

車好き、海好きにはこちらのバックパネルアロハ。海辺をオープンカーで走るのも良いですが、この刺繍の様なオールドカー、クラシックカーの様な車でノースショアまでドライブしたら楽しいこと間違いなし!



Bamboo Cay パラダイスチューンズ・ブラック・モダール・ポリエステル

 

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/itemdetail.aspx?iid=28776&CatId=0

やはりハワイと言ったらウクレレ!ウクレレと言ってもただのウクレレではなく、ヘッドにはレイが、そしてボディに反ってヤシの気が生えているデザイン性も抜群のバックパネルアロハ。ハワイアンミュージックが好きな方にオススメの一着です。

こちらは色違いでレッドもあります。

Bamboo Cay パラダイスチューンズ・レッド・モダール・ポリエステル

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/itemdetail.aspx?iid=28775&CatId=1153

 

そして最後に白が爽やかなこちらのバックパネルアロハ。

Bamboo Cay オールウェイズハイファイブ・オフホワイト・モダール・ポリエステル

 

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/itemdetail.aspx?iid=28779&CatId=1153

オールウェイズ=いつでも、つまりいつでもハイファイブと言うとても爽やかなネーミングのバックパネルアロハ。

ハンモックでリラックスしている鳥さんがハイファイブをしているのがシュールで良い感じです。

 

実は前回ご紹介したホリゾンタルデザインのアロハでも、前面のデザインが背中まで回っていて、一見バックパネルっぽい物があるのですが、ビンテージのバックパネルではあくまでメインは背中のデザインです。

 

昔から漢は背中で語ると言いますので、バックパネルデザインのアロハはちょっと漢らしさをアピールしたい方、スカジャンが好きな方に是非着ていただきたいアロハシャツです。

 

では次回のアロハフライデーを日本でも広めよう企画をお楽しみに!

 

マハロー!

コメント可能な期間を過ぎました